2021/04/26 お知らせ

志賀山

昨晩急遽決まった志賀山行き、横手山の気温は-4℃、うっすらと新雪が積もり、雪はカチカチでだいぶ難儀しました。
横手山から遊歩道(があるはずのところ)に沿って志賀山へ向かいました。(撮影:入倉氏)

横手山のすぐ下に鉢山があります。
夏の間は4m級のチシマザサの藪に阻まれ、なかなか見ることのできない鉢池も積雪期は入っていくことができました。

夏の鉢山はうっそうとして怖い感じがしますが、今はこじんまりとしていい雰囲気です。

鉢山からは岩菅山、その下に(融けかけの)大沼池が、左手に裏志賀山が見えました。

雪の四十八池はなんかさみしいです。もう山にはほとんど雪がなく、鞍部を目指して進みました。

雪の残るところを目指して進みますが、途中お約束の藪漕ぎがありました。
今回はほとんどタケノコ採りの雰囲気です。

志賀の小池の裏側から鞍部に入り、表志賀山側へ抜けます。

表と裏志賀山の間の尾根から岩菅山を望みます。
奥から裏岩菅、岩菅山、寺子屋峰、赤石山、裏志賀山です。
午後になっても標高の高いところの木は白いまま残っています。

志賀山の頂上直下の滑走を撮影、奥に北信の山々、その奥に北アルプスが鎮座してます。

最後は藪漕ぎを覚悟しましたが、大沼池の遊歩道に出て清水口まで滑ってくることができました。
初めての積雪期の志賀山、とても楽しかったです。(撮影:入倉氏)

カメラの宿シャレー志賀志賀高原写真撮影の旅 × CLOSE

PAGE TOP